~どいやさ祭り~

 

 

今日は姫地区の どいやさ祭り についてご紹介します!

 

どいやさ祭りとは・・・

 6基の袖キリコが太鼓や囃子(はやし)に合わせて、担いで船揚場の波打ち際まで降ろし、2本の積棒(つん

ぼ)を袖キリコの台に差し込み、太鼓や囃子に合わせて持ち上げ、伝馬船に積み込むところが一番の見せ場で

す。その迫力には誰もが興奮。祭りの参加者だけでなく見物客も声を合わせ、町中がひとつになる瞬間です。

積み込みが終わると花火が打ち上がり、船は悠々と港を回ります。キリコの明かりが海面に映り、幻想的な美し

さに心を奪われます。

起源については残されているものはありませんが、当時の長老の話の中にも、伝馬船に乗せて風に流された事

などが書いてあり、姫漁協はイカ釣りが盛んで、北海道へイカ釣りに行くようになってから祭礼の時期が変わっ

た事なども書いてありました。また、祭りは海上の安全と大漁を祈願するものとも書いてあり、真脇も戦前まで

は袖キリコを出していたと聞いています。
小木、越坂(おっさか)もそうですし、旧小木町は袖キリコ文化圏だったと思われます。姫の袖キリコと小

木、越坂の袖キリコは、形が少し違い、姫の絵は基本的に前面に描き、人物の背景の絵は、色紙を貼り、奥行き

があるよう遠近法で描きます。

 

 


 

 

ところ  ・・・ 能登町姫地区全域 (当荘より車で約8分)

日時   ・・・ 2017年 7月23日 (毎年7月第4土曜日)

見どころ ・・・ 午後22時頃

 


 

是非、この機会にどいやさ祭りに行ってみてください!

 

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ