気の早いはなし。

11月に入り県内は日差しが多く最高気温は平年を上回っております。

天気予報では、小春日和が続き紅葉狩りに最適ですと予報されております!

さて、この時期に冬の観賞用として引き合いがあるのが「シクラメン」

県内でも出荷が始まっておりますが、シクラメンを見るとクリスマスが近くなってきたのだと感じます。

クリスマスにちなんだイベントが各地で行われるかと思いますが、

のとじま水族館では特別展示「ハッピークリスマス」と題したクリスマスにちなんだ海の生き物がお目見えしております

サンタの様なエビや、七面鳥のようなカサゴなど…

さらに、抽選で来館者1名の願い事を叶える「水族館サンタにお願いを…」という特別企画もあるそうで、

締め切りは12月18日までだそうです!

当荘に来られる際、またはお帰りの道中にお立ち寄りしてみてはいかがでしょうか!

santa

http://www.notoaqua.jp/

 

変わらぬもの

立冬を過ぎ、吹く風の中にも冬の気配を感じ始めました。

ふと見上げると、いつの間にかウメモドキの鮮やかな赤い実!

小鳥が好んでついばむ果実だそうです。

umemodoki
去る、11月7日能登町鵜川地区の菅原神社では500年も続く「いどり祭り」が行われました。
「いどる」とはこの地域の方言で「難癖をつける」と言う意味。
町の男衆が直径1.2mの鏡餅に向かって難癖をつけ
最後は神主が仲裁し来年はもっと良い餅を作りましょうと締めくくる、
石川県の指定無形民俗文化財でもある豊作祈願のお祭りです。
mochi形の無いものこそ尊く、大切に守っていくべきものなのだと感じます。
能登半島は世界農業遺産にも認定されておりますし当荘のある九十九湾は手付かずの大自然の中に御座います。
刻々と表情を変えていく自然の中で是非日常をしばし離れ、ゆったりと身を置いてみてはいかがでしょうか…

お待ちしております。

二つの顔

いつの間にか吐く息が白くなるころとなりました。

石川県内では冬の訪れを感じるニュースがいくつか流れ始めております。

11月2日、白山に初冠雪が観測され、
輪島市曽々木海岸には冬の日本海の風物詩「波の花」が舞い上がりました!naminohana
季節風が強く吹く気温4度以下の時に、大波が岩にぶつかり砕け
白い泡状になる様子が花のように見える事から波の花と呼ばれています。
海に囲まれた能登半島、東西でロケーションは全く違います。
冬の荒波に削られて雄々しい磯が連なる西岸を外浦、
穏やかな富山湾に面する女性的な東岸を内浦と呼びます。
百楽荘のある九十九湾は内浦に面していていつもとても穏やかです。
wan
そんな海の違いを見比べられるのも周りを海に囲まれた能登半島ならでは。
是非、見比べに能登半島へ足を運んではいかがでしょうか。

気嵐

短い秋もそろそろ終わりを告げようとしております。

朝晩の寒暖差も激しく冬の風物詩『気嵐』が上がっております。

『気嵐』とは、大気の低さと海水温の高さの温度差によって、海水が蒸発し海から湯気が上がって見える気象現象です。

今朝方には、毎日のように上がっておりますが、先日夜の九十九湾にも気嵐が立ち込め、ライトアップされた蒸気がいつにもまして幻想的でした(o^―^o)

夜の湾に気嵐が上がるのは珍しいそうです。

冬の能登も寒いだけじゃない、スタッドレスタイヤに変えて、能登を満喫しましょう!!

飲みすぎ注意

皆様いかがお過ごしでしょうか。
九十九湾の周りの紅葉はまだまだ先でございますが、これから一日一日深さが増してくるのが楽しみです。
そして!
紅葉を前に冬期限定《宗玄 生原酒》がやってきました!!
生原酒とは加熱、加水を行っていないお酒です。
アルコール度数が19~20と少し高めですが
とてものみやすく当荘でも大人気です。
とろっと口の中に広がる芳醇な味わい。
お酒好きな方は是非味わって下さいませ。
ですが飲みすぎ注意ですよ…
namagensyu01

カニ☺

こんにちは~!!

私が楽しみにしている日が近づいてきました~!!!

いよいよ11月6日から、加能蟹と香箱蟹の解禁日です~(^^)/♥

加能蟹は、2月の末まで・・・。

香箱蟹は、12月の末まで・・・。

加能蟹は、石川県内の漁師さんが平成18年に一つの漁協へと統合されて、加賀の「加」と、能登の「能」をとって加能蟹と呼ばれているらしいです。

加能蟹、香箱蟹どちらも甘みが強く身もぎっしりと詰まっていて、甲羅の中のお味噌も濃厚です。

是非石川でどちらのカニもお召し上がりください~☆彡

冬支度。

10月も後半になり肌寒い日が続いております。

そろそろ、木枯らし1号が吹いたとニュースで流れるのではないでしょうか。

朝晩は一段と冷え込んでまいりました。

季節の移り変わりは早いもので、金沢では雪吊りの準備が始まっております。

金沢武蔵ヶ辻交差点付近では伝統工芸の金箔をあしらったイルミネーションがお目見えしました。

img_0700

近くで見ると金箔が雪の結晶の形をしているんですよ。

来年の2月14日まで、日没から22時までライトアップは続くそうです。

百楽荘は今年湯涌にもオープン致しました。

金沢にお立ち寄りの際は冬の金沢城下町にも足を運んでみては如何でしょうか。

 img_0699

ひとつの楽しみ

秋晴れの心地よい季節となりました!

今週の土日、能登は少し天気が崩れるそうですが、その他はお天気が続きそうです!
ところで、能登からお隣の富山県の立山連峰が良く見えると、次の日は雨が降ると言われております。
雨の九十九湾も乙ですが快晴から見える立山連峰がとても素晴らしいのです。
当荘では一望できるお部屋もあるんですよ!
自然が色濃く残る九十九湾。
春夏秋冬、毎日違う表情を見せてくれます♫
リピーターのお客様は「来るたびに色々な発見と感動があるのよ」と。
百楽荘の名に恥じない百の楽しみをご提供できるよう日々精進しております。
皆様も是非、百の景観を探しにおいでになってみてはいかがでしょうか。
img_0687

秋の贈り物

10月も半ばになり、いつのまにか日が短くなってきました。

能登の里山は実りの秋を迎え、空にはいわし雲が浮かんでおります。

さて、今月からウェルカムドリンクが変わりました!

皮ごと搾った国産の柚子とアカシア蜂蜜を使用した暖かいゆずみつ茶。

一口召し上がると皆様「あら!美味しい〜!」とニッコリ♡

はちみつは身体に良い事ばかりですが、特に疲労回復に良いそうです!

夕方5時までのお楽しみです!

 yuzu-001
返信
全員に返信
転送

秋の夜長の楽しみ

秋の夜長、虫の音が心地よく聞こえてきます…

3連休の真ん中になりますが、たくさんの方にご来荘頂いております。日常の忙しさを一時忘れ、九十九湾に

ゆっくりと流れる「能登時間」を感じスタッフも癒されております…

さて、10月の夜空は一年で一番澄んでいるので星が綺麗に見え、お月様が一番高く見えるそうです。

秋は空気中の水蒸気量やほこりが少なく、透明度が高いためと言われています。

当荘がある能登町のキャッチフレーズは「星空とブルーベリーの里」と言われる程!

柳田植物公園では石川県最大級の天体望遠鏡もあるんですよ♫http://mantenboshi.jp//

しかし一番のオススメは九十九湾に浮かぶ夜空。

プライベート釣り桟橋から見える夜空は、まさに自分だけのプラネタリウム!

是非秋の夜長、大事な方と百楽荘へお越し下さいませ。能登の星空がお待ちしております。☆*:.。.
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ